よくあるご質問

製品について

海岸線に近い場所に新築を考えていますが、形状記憶合金が錆びたりしませんか?

形状記憶合金はチタンとニッケルでできているため錆びません。

形状記憶合金は伸びたり縮んだりするようですが、劣化してしまうことはないのですか?

形状記憶合金は伸ばしたり縮めたりする可動耐久試験を10万回行っておりますが、劣化はしないとの結果を受けております。 (日数にすると、例えば1日に2回可動した場合、1年で730回、10年で7,300回、100年で73,000回となります)

透湿壁について

透湿壁に汚れが付いて、化学物質が透過しなくなることはないのですか?

石膏ボードの隙間は1/1000mmで、ホルムアルデヒドの分子の大きさは1/1000万mmですので、油などでベッタリと汚れがつかない限りは、石膏ボードの通気性がなくなることはありません。

こちらの動画をご覧ください。

断熱について

WB工法で建てた場合、建物のQ値(断熱性能)はいくつになりますか?

WB工法では、品確法の省エネルギー対策等級4を取得しております。したがって、Q値は、各地域の省エネ区分に合った性能を確保できます。

こちらの動画をご覧ください。

省エネ性能について

WB工法は夏と冬で換気口が開いたり閉まったりするようですが、電気代はかかりませんか?

WB工法の換気口は形状記憶合金を使用しているため、外気の温度を感知して自動的に動きます。したがって、開閉することによるランニングコストはかかりません。

エアコンの冷気が壁体から逃げてしまい、エアコンの効きが悪くなりませんか?

WB工法は、壁の透湿効果と壁体内の気流で室内の除湿効果を高めています。したがって、ビニールクロスを使用した建物に比べると室内の湿度を低く保つことができます。これにより、エアコンを使用した際の除湿エネルギーを減らすことができ、エアコン効率を上げることができます。 弊社の実験棟調べでは、透湿壁の建物とビニール貼りの建物では、除湿にかかるエネルギーを50.6%減らすことができ、エアコンの総体的なエネルギーも14.3%削減することができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

冬は通気層があることで寒くなったりしませんか?

冬は形状記憶合金により開口部が閉じるため、通気層があっても問題ありません。通常、外張断熱を行った場合でも壁体内に通気層はありますが、断熱性能は十分に確保できます。冬は断熱材の性能をどこまで上げるかで性能が決まりますので、WB工法でも通常の高気密高断熱工法でも性能は変わりません。

換気・防音について

24時間換気をしなくても大丈夫なのですか?

WB工法は、壁の透湿作用と壁体内の通気効果で室内の化学物質を厚生労働省の基準値以下に下げることができます。したがって、換気が止まっていても化学物質の濃度が高くなる心配はありません。

しかし、建築基準法では0.5回/hの換気を義務化していますので、取付けは必要です。 WB工法は換気システムに頼った住宅ではありませんので、高額な換気システムを付ける必要がなく、できるだけ簡易的な換気設備で大丈夫です。

結露・湿気について

冬通気層が閉まった場合、壁体内結露は起こしませんか?

冬は木材と壁の調湿作用で壁体内の湿度を調節しています。(40坪の住宅の場合、木材で2トン、壁で1トンの調湿能力があります)また、冬通気部材が閉まった状態でも約10%の通気を確保しており、この通気により壁体内の湿気を少しずつ逃がします。湿気が逃げるということは当然、熱も逃げるということになりますが、通気による熱の損失量はQ値に換算すると0.06W/m2Kとなり、非常に小さな値で建物の温熱を損なうことはありません。

室内の湿気が壁の中に移動することは分かりましたが、その湿気がまた室内に戻ってくることはないのですか?

通常家の中で人が生活している場合、水蒸気分圧は常に室内側が高くなりますので逆転現象はほとんど起こりません。家の中で人が生活していない場合は逆転もありえますが、生活していないのであれば逆転しても問題ありません。

その他

どんな住宅でもWB工法を取り入れることはできますか?

WB工法は木材の調湿機能を活かした工法ですので、2x4、鉄骨、RC構造では取り入れることはできません。(断熱の方法や防露対策を充分に行えば、可能な場合もあります。)

高気密高断熱住宅では、石油ファンヒーターを使用しないようにと言われましたが、WB工法では石油ファンヒーターを使用できますか?

WB工法でも石油ファンヒーターは使用できません。石油やガスなどの燃料を燃焼すると空気中に大量の水蒸気が発生します。(石油1L燃焼した場合、約1Lの水蒸気が発生します) WB工法は壁の透湿性能で水蒸気を屋外に発散していますが、それを上回る水蒸気が室内で発生した場合は、結露のする可能性が多くなります。また、WB工法も冬場は気密性が高くなりますので、室内で燃焼ガスを発生させることできるだけ避ける必要があります。